WP8プレイ日記


どうも!11月も早半ば。一年も早いですねぇ~。
そう言えば2018が発売されるとするならばそろそろ発表がありそうですが…
今回は新作出さずにアップデートで対応でもいいんだよ!!!(血の涙)
切実に願ってやみません。

1988~1990年


自家生産馬G1初勝利



今プレイではじめて自家生産馬でG1勝利しました!
血統はこんな感じです。

安定のノーザンテースト。
この馬はホント仔出しいいですね。
というわけでG1勝ったということは…そうオンラインです。

ご期待に応えて(?)出走です!

まぁ惨敗ですww
これを期にG1勝ち馬は出るようになりましたが、未だオンライン勝利馬は出ていません。
しばらくは参加賞(100pt)だけの参加になりそうですw

〆配合構成馬成績


メジロデュレン



今回の〆配合の中でなんとなく一番苦労しそうなメジロデュレン系確立。
競争成績はなかなかですが引退後これからが勝負です。

オグリキャップ



距離適正の壁をぶち破り3冠馬になるなど文句なしの成績。
前回プレイではまあまあ普通の仔出しで確立もそれほど苦労した記憶もないですが、
今回もサクっと有力馬出して確立して欲しいところです。

エプソムシェイディ→My牝系登録




海外から輸入されてきた牝馬に良さそうな馬がいたのでMy牝系登録しました。
架空馬ですね。
母父リファールって昔からけっこう仔出し良くていいイメージしかないです。
この馬も森崎プレイの架空馬スマイルケーポイントのように、バンバンいい馬出してくれることに期待です☝

これで4/5のMy牝系が埋まりました。
残りあと一枠使うかどうか、、、

系統年表


90 子ノーザンテースト

90年ノーザンテースト系確立



My牝系に登録したダイナキャロルの母父でもあるノーザンテースト系を確立しました。

ダイナガリバーが今回は若干期待はずれでしたが、
スルーオダイナとメジロアルダンが活躍。
特にスルーオダイナは安定の海外長距離乱獲で1400万円での種牡馬入り。
ノーザンテーストは序盤しっかりと確立させておきたいところです。

ROAD to 〆配合


現在〆配合のために確立を狙っている馬が3頭。
メインで力入れているのがリアルシャダイ。
次にサクラユタカオーとメジロデュレン。
来年よりオグリキャップも種牡馬入りしましたので4頭となります。

リアルシャダイは史実馬と自家生産馬で大プッシュ中。
ですが、そろそろ〆配合の母確保のみとしてサクラユタカオーとメジロデュレンへと生産シフトしていく予定です。
メジロデュレンの仔出しが心配なのでメジロデュレンに力入れていくべきですかね。

次々と候補馬が種牡馬入りしていきますので、ガンガン確立させて次へ進んでいきたいものです。

初超大物コメ馬誕生


90年末に初の超大物馬の誕生です!
父サクラユタカオー×母父リュティエという血統です。

血の影響からか成長早熟というのが残念ですが、馬名は特別扱いで“テリー”の名をつけました。

テリーザギャルには将来の母としても大活躍を期待です!

テリーマン結婚しました。





今回は秘書の天城綾ちゃんと結婚しました。
本来はナツコさんと結婚するべきなのですが、まぁいないので😒

そしてその年に子供誕生です。
子供は女の子なのでテリーガールと名付けました。
子供の名前はさすがにネタなし!

結婚したら奥さんから“マン”と呼ばれるようになりました。
まぁそうなんだけどマンて…。

あとがき


序盤に確立させる馬詰め込みすぎて大変になっていますw
今回は難易度上げすぎたかもしれません…😓😓
次回あたりでオンライン勝ったよって報告出来るといいのですが!


それではまた次回。
屁のつっぱりはいらんですよ!

2017/11/12 18:25 [edit]

category: ウイニングポスト8 2017 2周目(Aワールド配合)

tb: --   cm: 0


どうも、寒くなったり暖かくなったりと気候の変動が激しい季節になりましたがいかがお過ごしでしょうか。
皆様お身体にはお気をつけてくださいムニャムニャ。

1986~1987年


系統年表


86 子ミスタープロスペクター

みんな大好き(未検証)ミスタープロスペクターです。
この馬が母方にいてSP系統になる馬も多く、今回もお世話になります。
早々に海外種付け出来るようになれば直仔を自牧場に召還させられますね。(もちろん実施済み)

〆配合構成候補馬成績


サクラユタカオー



〆母父母父を予定しているサクラユタカオーです。
異系でもあり使い勝手もよいのでお世話になったことがある人も多いのでは。
例に漏れず私もかなりお世話になってます。

リーゼングロス→My牝系登録


初期選択馬としたリーゼングロスはせっかくなのでMy牝系とすることにしました。

グレイソヴリン系(父アローエクスプレス)と〆配合とはまったく絡まない血統のため、色んな種牡馬と配合させて牧場の礎を築く母を生産して欲しいものです。



枠余らせても仕方ないので、結構いい感じで活躍したダイアナソロンもMy牝系に登録したろかなと思案中。

今更ネタ…



新馬の入厩報告画面ですが、ここで調教方針指定出来たのですね、、、
今更知りました…お恥ずかしい😓😓😓
(まぁあんまり能力伸びないのであまり関係なさそうですが)

あとがき


文中のサクラユタカオーやダイアナソロン、そして同様に〆配合構成馬であるメジロデュレンあたりの史実馬は活躍してますが、
未だ自家生産馬ではG1勝利をあげるような活躍馬は産まれていません。
序盤確立を狙う馬がけっこういるためすでにしんどくなってます😒
オンラインにも出走出来ずこれもなかなか厳しいです!!(笑)


それではまた次回。
屁のつっぱりはいらんですよ!

2017/11/08 23:06 [edit]

category: ウイニングポスト8 2017 2周目(Aワールド配合)

tb: --   cm: 0


大反響(←?)のテリーマン編の2話目になります!
そんな私、先週末にフルマラソンを走ったため休養でごろごろしております。
さて、本題のプレイですが森崎君のレガシーを引き継ぎテリーマンの牧場経営がはじまりました。
そんな序盤のプレイです。

1982~1985年


初期選択馬の活躍状況


カツラギエース



カツラギエースはG1合計11勝の活躍で牧場を軌道にのせてくれ、名声稼ぎにも貢献。
序盤で名声稼げないと、牧場の施設拡大が出来ないことや海外種付け出来ないなどの弊害が出てきます。

リーゼングロス



重賞勝はフローラSだけと少し物足りない感。

しかし繁殖牝馬となったときスピード因子がついており、今後の母としての活躍に期待です。
この馬もMy牝系にする?(ニヤニヤ)

ダイナキャロルMy牝系へ


以前アンケートで決定したMy牝系馬ダイナキャロル。

条件馬を抜け出せずまだ競争寿命残ってましたが母としての活躍を期待して引退です。


賢さはB→Aへと成長しましたがスピードもDでなかなか能力的には厳しいですがMy牝系に登録しました。
これからどう繁栄していくか期待です☺

系統年表


82 親ボールドルーラー
83 子ミルリーフ

まぁいつものやつですね(笑)
今回はテスコボーイ確立させないので寂しいです。

あとがき


なかなか勝てませんねえ…これまで〆配合してたので産まれてくる子たちの能力が総じて低くてげんなりします(笑)
とくに初期選択繁殖牝馬のリンダセニョリータの仔出しと言ったら…(絶望)


それではまた次回。
屁のつっぱりはいらんですよ!

2017/11/03 13:12 [edit]

category: ウイニングポスト8 2017 2周目(Aワールド配合)

tb: --   cm: 0


自分へのメモ代わりということも含めて、番外編と称して書いていきます。
まぁ内容は大したことのないTwitterにアップした戦績をまとめたものです(笑)

オンライン戦績



























これでポットはん主催のレースで勝てるような馬出てくれば言うことなかったんですが、甘くはなかったです...(涙)
そういえばオンラインの順位200位以内になったので銀プレートになったよ!!
みんな気づいたかな!?(子供向け番組のお兄さん風に)
乏しい内容ですがGoodBye!!!

2017/10/30 14:08 [edit]

category: ウイニングポスト8 2017 1周目(モーリス配合)

tb: --   cm: 0


どうも、前回のモーリスプレイで秘書チャレンジの米国欧州重賞制覇率80%というミッションを達成し残り12個残しとしたところでようやく次プレイ突入することとしました。

おさらい


次プレイ馬は以前の記事でアグネスワールドを軸にすえて進めていくことを発表しておりました。
そもそもなぜアグネスワールドになったか、みなさんは覚えていらっしゃいますでしょうか。
リンク

そうですみなさんのせいです!!
というわけですでに考えています〆配合予定はこちら。

〆配合



今回はSP昇華を軸に据えてあるのがポイントです。
(詳しくはこちら)

アグネスワールド





はい、見てお分かりのようにかなり能力的に癖ありです。
これがどういう風に変わっていくのか楽しみですね。

というわけで今回は導入部のみ紹介していきます。

馬主登録



今回も1982年スタートでHARD/モードAで進めます。


すでにサムネで気付いた人もいらっしゃるかもしれませんが、今回の主人公はテキサスブロンコことテリーマンです!!
メインの馬がアグネスワールドということもあり、ワールドワイドな視点で見てみたところ適役だったのがテリーマンでした。

テリーマンの在米時代の夢だった牧場経営を日本で叶えるという設定になります。
勝負服のデザインはテリーマンのパンツから青ベースの★柄で。

アグネスワールド自体は気性大人しいので荒馬と呼ぶのは少し違う気がしますけどね(笑)
(どちらかというと同じ短距離馬でも以前やったバクシンオーなんかは気性も悪かったのでそっちの方が荒馬っぽいかも)


冠名はブロンコ/テキサスになりますが、前回の森崎プレイのように期待馬にはガンガン特別な名前を命名していきます。

初期選択馬


カツラギエース



色々悩んだ結果カツラギエースにしました。
カツラギエースにしたらしたで、〆配合のところのサクラユタカオーをカツラギエースにしたくなったりとさっそくぶれぶれですww
カツラギエースにしたら序盤とんでもなくキツくなりそうなので悩み中…。

リーゼングロス



現役馬の方はリーゼングロスとしました。
この枠は毎回悩みますね。
どちらかというと現役より母として活躍してくんないかなと願ってます。

初期選択繁殖牝馬


リンダセニョリータ



昔々にテストプレイで使ったことありますね、リンダセニョリータ。
父にヒンドスタンを持ってるので母父◎もついて配合的には悪くないと思いますが、如何せん年齢が高齢なのでそこがどうでしょうという感じです。
どちらかといえば以前アンケートで選んだダイナキャロルの方を乞うご期待!

あとがき


半年ぶりに最初からはじめましたが、馬が全然勝てずこれがウイポの洗礼か…となりました。
オンラインはしばらくこのプレイでは出なさそうですので、オンラインでお会いしても森崎軍団かと思いますのでお見かけしたときはよろしくお願いします。

今回のプレイはなんかあったらアンケート使っていきたいと思ってますので、またなんかあったらご協力お願いします!

それではまた次回。
屁のつっぱりはいらんですよ!

2017/10/28 19:16 [edit]

category: ウイニングポスト8 2017 2周目(Aワールド配合)

tb: --   cm: 0

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top